読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月火ドラマ作品を紹介;「微微一笑很傾城」全30話(日本語字幕)

どんな作品もですが、小説の映像化、それも短編小説ではなくて長編小説を映像化した場合、短い時間でその世界観からお話を表現しなければならない映画に比べ、時間をかけてゆっくりと描写出来るドラマ版の方が有利です。なので、それを差し引いての話で私の耳に入ってくるのは、ドラマでもこの絵が使われている有名なこのシーン微微一笑很傾城 あらすじ
 
 
ネット上の話によるとこのイラストの構図が実際の小説版だそうですが、映画ではそこが違っていたそうです。こういうちょっとしたことの差が小説の再現度の差となって原作ファンにはドラマの方が再現度が高くて好きという評価になっているようです微微一笑很傾城 日本語
 
 
ドラマ版だときちんとヒロインが橋の上から下を見るとなぜか憧れの彼氏が待っている、まさかと思って声をかけると「不巧,我在等你。」というセリフ。この「巧」という文字の意味は「タイミングよく」という意味だそうですが、「偶然にも」というニュアンスがある言葉らしく、どうも「偶然じゃない、君を待っていた」という意味になるらしいです微微一笑很傾城 dvd。で、このあたりのシーンが今のところ一番ロマンティックな場面で何度も見返している人の話も聞きます。いつかは観られると思う映画版も楽しみだわ。いざとなったらDVD発売を待って買えば良い話ですし