中国ドラマ「記憶の森のシンデレラ~STAY WITH ME~」第5話 あらすじ

f:id:kimok2017:20170705153219j:plain

 

ウェイウェイがイードゥと共同制作したデザイン発表すれば、彼女は名声を失いデザイナー人生も終わってしまう。

イードゥは彼女を心配するが、経営者としての責任も果たさなければならなかった。

イードゥはウェイウェイを訪ね「なぜここまでするのか?」と聞くが、彼女には何のことなのかわからない記憶の森のシンデレラ DVD

彼は、ウェイウェイと一緒に描いた原画を破り捨て部屋から出て行く。

ウェイウェイは、シャオからかつてイードゥがパートナーだったことと、その後 血を見るほど険悪な関係になったことを教えられた。

ウェイウェイは、記憶をなくしているとはいえイードゥにひどいことを言ってしまったことを後悔し彼に謝りに行くが、イードゥはウェイウェイの話を聞こうとしない。

ティファニーが謝罪の記者会見を開く。

 

 

f:id:kimok2017:20170705153233j:plain

自分の非を認め謝罪したいと思ったウェイウェイは、ティファニーが会見する会場へと行き、そこで共同制作のデザインを勝手に使用したことを謝罪する。

記者たちに囲まれ非難を受けるウェイウェイの前にイードゥが現れる。

これは、DUとリンロウの宣伝の一環であると発表した。

シャオは、ウェイウェイをイードゥの下で働かせることなどできないため、彼に「何でもする」とう。

フォンテーヌのテナント権を放棄することを提案するが、ウェイウェイがその話を遮った。

ウェイウェイがDUに出勤するも嫌がらせを受け、デザイナーとして働くことも許されない。

ウェイウェイは、DUで清掃係として働き雑用もこなす記憶の森のシンデレラ あらすじ

 

f:id:kimok2017:20170705153250j:plain


1日中こき使われても弱音を吐くことなく1日を終えると、シャオが迎えに来てくれていた。

最初は断るが、ウェイウェイはシャオにおんぶされ帰って行く。

ウェイウェイが寝ていると、夜中にもかかわらずイードゥから呼び出される記憶の森のシンデレラ最終回

慌てて会社に向かうと「探していた資料は見つかったから帰っていい」と言われてしまう。

どこまでも意地悪をする彼に腹が立つが「もっと親密な時もあった」と迫られ、驚いたウェイウェイは部屋から飛び出した。